一つ前の画面に戻ります
日記
2004年8月
 
2004/8/25

昨日行われたGMイベント「地下墓地キモ試し大会」の報告レポです。

内容は、現在実装されている新マップの「地下墓地」の一番奥まで進み、そこで怪談話でもしようというものです。
参加者はまず、2−2エリムの櫓前に集合し、PTを組んで第1派、第2派という形で地下墓地に特攻をかけます。
ウチのキャラ「中華」は第2派として参戦しました。



周りの敵も、もう真っ赤っ赤。
ムリムリ (;´Д`)
とにかくタゲられないよう集団の中に身を置いて行動あるのみ (;´Д`)

そして奥まで行き第1派の人達と合流しました。



この人混みの中で知人を発見!



まぁ例の夏と冬の祭典に比べたらここの人捜しなんて楽勝ですけどね(ぉ

とまぁこんな感じで今回のメインイベント「怪談話」に移ります。
当初はユーザーが怪談話を持ち寄って話す予定だったみたいですが、なぜかGMさんとあともう1方が話して終わってしまいました。
で、PT組んでた知合いが奥に来る途中で死亡してしまったので、怪談話の内容を掲載しておきます。


↓怪談話内容(GM G○matenさん)

ある冬の季節の話です。
とある村にあります学校で起きた話です。
その年の冬、例年よりはるかに雪が多く降っていました。
その日、学校はその雪のために急遽お休みになったそうです。
さらに、その日に限って数名の児童の家に連絡が届かなかったそうです。
学校があると思い登校した四人の児童は、一時間目が始まっても誰も来ないことに気づき、その子達は先生のいる職員室へ行きました。
「ねぇ、今日は何で誰もいないんだろう。」
一人の児童が言いました。
「さぁ、何かあったんじゃない?」
子供達はそのまま職員室へ着き、部屋に入って行きました。
その瞬間、学校に振動が起こりました。
すると、今まで明るかったのに急に暗くなりました。
子供達はあわてて外へ出ようと廊下に出ました。
するとどうでしょう。
廊下は一直線にどこまでも伸びていました。
左右を見渡しても、ただただ長く廊下が続くのみでした。
子供達は恐ろしくなり、職員室の窓から外へ出ようとして職員室へ戻ろうとすると、子供達は全員その場に凍り付きました。

翌朝、学校は普段通りに授業が行われました。
そして、あの4人の子供達はといいますと。
その日の夕方、学校の地下にある昔の防空壕の中で凍死していたそうです。

(一部(かなり)修正)


とまぁこんな話でした。
実はちょっとオチが凄いことになってまして。
え〜このGMさんは誤字が多いことで有名(自分で言ってたw)なのですが、今回もその特殊スキルを惜しみなく披露してくれました。
というわけで無修正版はこちら→

そして怪談話も終わって最後に地下墓地なだけに、先日紹介した睡眠スキルのグラフィック変更を利用して下のような集合写真を撮りました。



ただ、この集合中にGMさんが回線落ち(?)しまして、しかもログイン障害が同時に起きてたらしく
結局GM不在の放置受けました (;´Д`)

まぁそんなことくらいでは負けないのがシールユーザー!
主催者居なくても勝手に進めちゃいましたw

その後1時間ほど待ってたんですが、結局GMさんは現れませんでした (;´Д`)
ユーザーもさすがに散り散りになって、一人また一人と姿を消していきました。
何か後味が悪かったです(感想
2004/8/23

今日は先日拾った金石(イエローアイアン)を使って、武器に属性を付けてみました。
思えばβから1度も属性精錬に挑戦したこと無いんですよね〜

まぁ希望としては闇石か白石を付けたかったんですが、あいにく懐が寒かったのでムリでした。

霊魂大剣+6に付けようか迷っていた矢先、知人から霊魂大剣+7と交換してくれるというので交換してもらいました。
彼にはお気持ちとして宝石をいくつかワイーロしましたけどキニシナイ(゚∀゚)9

早速手に入れた霊魂大剣+7!

精錬開始!


カンカンカンカンカンカンカンカン…(精錬の音)

ちゃららら〜ん(精錬成功音)

霊魂大剣+7[金] きた〜〜〜〜!



こうなったら試し切りしたくなるのが人の性です。
金属性に弱い木属性のバイルを叩いてみることにしましょう。

というわけでお手頃な場所にいたソーラへGOGO!



・・・・


強すぎ


ちなみに左上の数字を見てもらえば分かる通り、21連コンボ中の5発目でこのダメージです。(後半になるにつれ基本的にダメージは多くなる)
予想以上の攻撃力アップにとまどいました〜 (;´Д`)

ウッドウッド行けるかな?
2004/8/20

今ゴルフのネットゲーム「パンヤ」にはまってます。(挨拶

シールオンラインがまたまた様変わりしました。
前回の「お祭りモード」から、現在は「肝試し・ホラーモード」へと変わっています。
内容はといいますと・・・

まぁ百聞は一見に如かず!
ご覧あれ。

キョンシー ガイコツ〜
アビス
スクリーム 貞k(削除されました)

(男性キャラは「ドラキュラ」になる)
ジェイソン
狼男


これ以外にも「フレディのツメ(「エリム街の悪夢」らしいですw)」や、透明人間になれる「光学迷彩セット」などの装備品が追加されました。
期間限定らしいので今のうちにゲットゲット〜♪

そして、皆で獲得できたので
↓こんなことしてみました。



Σ(゚д゚;) こわっ!


ゲーム開始してこんなのが目の前にいたらトラウマものです。
そう思ったら早速解散しましょうね〜・・・






増えちゃいました。


禍々しいったらありゃしない。
アイスホッケーでもやりますか(マテ


・・・・・


それだ!!


クールガイのスティックがあるじゃないか!
(アイスホッケーの道具に似た杖系装備品)


だれかジェイソン+クールガイスティックでのイベント開かないかなぁε- (´ー`*)



そして他にも変わったことがありました。
それは睡眠スキル発動時のグラフィックの変化です。







(´・ω・`)





まだまだあるよ、変更点!
それはカップルシステム!
通常はカップル同士のキャラがベンチに座って人目を気にせずイチャイチャするシステムですが(マテ
そのシステムに変化が!



どっか別の次元へ飛ばされたようです。
あれですね、例の「カップル駆けつけシステム」の応用です(違
ベンチシステムが発動すると、カップルの二人は分子分解され別の宇宙空間へ・・・(削除されました)

ペットとハートマークだけがむなしく舞っております。


そして、バイルにも変化の波が!



めっさ固いです!

どのくらい固いかというと、21連コンボのクリティカルでも200〜300しか与えられないくらいです。
魔法士のファイアボールで500行くか行かないか程度。
で、しかもHPがあるという強者です。
幸い向こうの攻撃力は大したこと無く、SSでも分かるように全然ダメージ受けませんでした。

しかし、それでもやっぱり長い長い。
21連コンボ連続で出してるのに、大体ペットが2回死にかけるくらいの時間が必要でした。

今度叩くときは複数人で叩くことにします(ノ_<。)



そして最後ですがクエの話。
この内容はめっさネタバレになるので
「ネタバレ上等」
「もうクエ終わったから全然OK」
って人だけ見てください。

ネタバレページはこちら→
2004/8/13

先日8/10に実家へと帰省してきました(’〜’)
まぁ帰省したのは良いんですけど、ちょいとアパートにPCカードをPCIスロットで使うための機器を忘れてしまい、今日までデスクがネットに繋がらない状態でした。
アパートと違って実家ではケーブル引けないので無線Lan使ってるんですけど、PCカードタイプの無線Lanカードを使うのに、その機器が必要でした。
しょうがないので友人からUSB2.0用の無線Lanカード(?)を借りてネット中〜♪

ちなみに回線速度が実測126kbpsだったのに、シールが普通に動いてちょっとビックリしました。


で、話は変わって近況報告〜♪

先日8/6にシールオンライン2サーバーにて、ユーザーイベント「第4回ツインテール祭」を開催しました。
詳しくはこちらを見てください。
http://www.geocities.jp/twintailnasuno/
ツインテールキャラのみでライムステージ上を占領し、その後クイズ大会を開催しました。
予想以上の盛況ぶりで感無量!
これでまたツインテによるシィルツ大陸征服に一歩近づきました(゚∀゚)9


8/11〜8/12は秋葉原巡り&大宮で焼き肉パーティー新ゲームの制作打ち合わせをしてました。
秋葉原でちょっとネットカフェ覗いてみたら居ましたよ・・・・シールやってる人が(゚∀゚)9
名前までは見たりしませんでしたが、あの画面の景色には見覚えが・・・あれだ、ライムの露店広場!w
あんなもの見せられたらやりたくなっちゃうじゃないか!!

そして秋葉巡り終了後、電車に乗ってどんぶらこっこ埼玉県の大宮まで来ました〜ヽ(´▽`)ノ
さぁて、焼き肉パーティーだ!!
今度作る携帯電話用ゲームの全体のチャート&始まり部分の仕様書を見せて、少し話し合いをしました。
文字の大きさはどうするとか、音源の音色の事とか、モーグリ部屋はノートではきついとか・・・

ちなみにこのゲーム、主人公の名前は「ライム」、相棒の名前は「ミミル」だったりしますwwwww
携帯版完成したら次はPC用に移植する予定じゃよ〜('-'*)

追伸:
シールオンラインアンソロジー買いました。
 
(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co., Ltd.
(c) 2003 YNK JAPAN Inc.
(c) 2004 KESPI Co., Ltd.
一つ前の画面に戻ります